【活動報告】UECポケ春合宿2017 1日目

UECポケは例年夏に合宿をしますが、今年度は珍しく春合宿も行いました。

2泊3日で内容が盛りだくさんなので2つの記事に分けてレポートします。



こんにちは、2年の合宿担当あふろです。

UECポケの合宿は江ノ島が恒例になっておりまして、今回も江ノ島です。しかし、いつも部屋に籠ってゲームにカードばかり…せっかく江ノ島まで来ているのに…。



そう思った私は、合宿1日目に公園での屋外レクリエーションを企画しました!

こちらの記事はこのレクリエーションをメインに出来事を順に追っていきます。





1日目



宿泊施設にチェックインした後すぐに着替え、湘南海岸公園へみんなで移動。

青いサークルパーカーに身を包んだ20人越えの怪しい集団が、平日の昼間に公園へ向かいます。



青い人

彼は少し青すぎる気がします




屋外レクリエーションは3つの種目で構成されており、マオちゃんチームスイレンチームの2チームに分かれて戦う形式です。僕はマオちゃんが好きです。

1つの種目で勝つとそのチームに1ポイントで、3種目終了時の合計点で競います。




オーシャンビューな芝生広場へ到着し、早速屋外レクリエーションの開始です!


最初の種目は、



UB vs 国際警察



こちらはいわゆるケードロです。しかし若干のポケモン要素をルールに加えております。その中身は、


・泥棒側はUBとポケモンに分かれ、警察側はUBを全て捕まえれば勝ち

・警察は捕まえるときにウルトラボールモンスターボールのどちらを使うか選択でき、UBはウルボで、ポケモンはモンボでのみ捕まえられる

・捕まえるときに間違ったボールを選択すると反撃(罰ゲーム)を受ける

・ウルトラボールは10個しかない


といった感じになっております。多くて面倒くさい



罰ゲームが見たくて始めたこの種目、逃走エリアが障害物の無い平坦な場所であることが原因で、一瞬で警察の勝ちに終わってしまいました。よってUBと国際警察を入れ替え、逃走エリアを広げてもう一度行うことに。

しかしまたも国際警察の圧勝となってしまったためゲームバランスの調整ミスとして、この種目はノーゲームとなりました。

こういう逃走中みたいな企画をするときは、バランス調整をちゃんとすることとスタッフを何人か用意することが必要だ!先生との約束だぞ!




以下、ゲームのハイライトです。



逃げ惑う人々

new_逃げる様子



あまごいをするケコケ

new_傘とエース



残酷な退場通告

new_積分



前跳び後ろ跳び100回ずつ

new_なわとび



この他にもスクワット50回、スリッパを履く、ウサ耳をつける、資材を持ち帰る、など意味不明な罰ゲームがたくさんありました!



童心に返って公園を走り回るのが結構楽しそうでしたね。たまにはこういう遊びもいいものです。






気温も低く、みんな海沿いの寒さに凍えてきた頃に次の種目です。2つめは、



なぞのばしょ割り



こちらはスイカ割りを模したオリジナルゲームです。アルセウスがなぞのばしょ経由で捕獲できるようになったのが最近の大きな発見でしたね。暗い場所をさまよいポケモンを探す、そんな様子をゲームにしてみました。


両チームの代表者が目隠しをしたまま、仲間からの支持を頼りにポケモンの絵が貼られたカラーコーンを探して回収するゲームです。代表者2人が同時にスタートするため、両チームからの声が同時に飛んできます。チームメイトの声を聞き分けることが大切ですね。


こちらは3ラウンドでの合計得点勝負なのでチームの絆が試されます!




1stラウンドは、マオちゃんチームからエースさん、スイレンチームからうおさんです。3年生対決となりました!


エースさんは仲間からの声援を信じながらおぼつかない足取りで歩いていましたが、声援を信じすぎて敵チームの妨害の声に従いあらぬ方向へ。


new_エースVSうお



エースさんが困惑する中、スマートにすべてのポケモンを回収したうおさんの圧勝となりました。

エースさん、仲間の声をちゃんと聞き分けられるように普段からもっと人とお話しましょう。




続いて2ndラウンド、マオちゃんチームからギギアルくん、スイレンチームからRevonくんです。フレッシュな1年生対決です!


声援で「○時の方向へ!」という船のような支持が流行り、それに惑わされたギギアルくんは何もないところで体をグルグル。その間に順調にポケモンを回収していくRevonくん。どっかで見たような...


Revonくんは先ほどの罰ゲームで手にしたウサ耳パワーで聴力が増していたのでしょうか。


new_ギギVS山岸



なぜか2回ほど出会って取っ組み合いになったり、体が当たってカラーコーンが倒れていることに気づかず移動してしまい外野から絶叫が聞こえてきたりしながら、爆笑の2ndラウンドが終了。


ギギアルくんが喜びながら回収した数少ないポケモンが外れだったこともあり、またしてもスイレンチームのRevonくんの圧勝となりました。




最後の3rdラウンド、バラエティーにありがちな「取ったらほぼ勝ち」な救済措置を配置しました。

マオちゃんチームからはアドそん、スイレンチームからはエルニです。



new_取っ組み合い


開始直後に取っ組み合いになる2人。関西出身は怖いですね。



オタク特有の難聴を発動したアドそんは困惑しながら立ちすくんだりよろよろ動いたりと、1年生らしいフレッシュさが全く感じられませんでした。なぜでしょうか?


その隙にエルニはポケモンの近くまで行くと寝そべってグルグル回り広範囲をローラーする作戦。これが強すぎてほとんどのポケモンを回収。またこの展開か


new_アドVSエルニ



結果は救済措置もしっかりと回収したスイレンチームの圧勝。



3ラウンドを通して、スイレンチームのボロ勝ちという結果となりました!

簡単な企画でしたが意外と盛り上がりましたね。






日も傾いてますます寒くなる中、最後の種目は...



ナゲツケサルの縄張り争い



こちらはいわゆるドッジボールです。しかしまたも若干のポケモン要素をルールに加えております。その中身は、

・相手にボールを当てられたとき、当てられた側のチームの内野1人がくじを引く

・くじにはポケモンのわざが書いてあり、様々な効果を発揮する

というものです。


わざの例をあげると、

インファイト:相手のコートまで5歩浸入できる

ローキック:相手の内野を1人選び、立てなくする

みちづれ:今当てた人を外野に送る

かいふくしれい:自分のチームの外野を1人内野へ戻す

ゲップ:コーラを一気飲みしなければならない

マジックルーム:相手のコートを50cm狭める

などなど、本当に様々です。



どう試合が展開されるのか全く予想できないままスタート。


スイレンチームの元野球部エルニが猛威を奮う中、トリックガード(相手からのわざの効果を受けない)を発動したマオちゃんチームの紫苑さんがうまくサポートし応戦。


キングシールド(100均の勇者の盾を装備し、盾で防げばセーフ)を発動し相手からかげぬい(移動できなくなる)を受けたコバルトが「チームの壁」となり試合が動きます。その場にとどまるコバルトを狙う外野ですが以外と盾が強く、相手からの攻撃を無効にし続けます。


そんな中、トリック(自分と相手チームの1人をチームごと入れ替える)を引いたマオちゃんチームのギギアルくん。1つ前の種目でやらかしたくせに、彼は清々しい笑顔で相手チームへ移籍していきました。元仲間たちからのヘイトを大いに集めてすぐ外野送りになりました。



その後、

くろいまなざしを発動したケールさん(似合いすぎている)

new_くろいまなざし



こわいかおを装備しローキックを受けた死神のようなワタル(こわい)

new_こわいかお



盾を装備しながらゲップに挑戦するコバルト

new_ゲップ



などなど、色物集団と化したナゲツケサルたちでしたが、日も暮れてきて狙いがしぼれなくなったところでタイムアップ。


結果は1人差でマオちゃんチームの勝利!

暗い中ボールをかわし続けたことが勝利に繋がりました。




以上、ヘトヘトになりながら屋外レクリエーションは終了。結果は1対1で引き分けでした。


景品と言いますか、ご褒美として後で全員にアイスを配りました。




その後、オシャレな洋食屋で晩ご飯(というよりディナー)(すごい美味しい)を食べ、宿泊所に戻りました。



夜はそれぞれでシャドウバースの大会を開いたり、麻雀をしたりして過ごしていました。ポケモンは?


みんなここまで体を動かしたのが久しぶりだったようで、早々に寝ている人も見られました。

私も体力の無さを実感し、もっと体を動かして健康的に生活したいと思えました。





これにて合宿1日目は終了です!

屋外レクリエーション企画でみんな楽しんでくれたようで何よりでしたが、細かいところはガバガバだったので次回はもっと面白いものができるように頑張ります!



続きは2日目の記事へどうぞ!






スポンサーサイト